犬と猫

愛猫の症状が悪化する前に|定期的にチェックして皮膚病を調べよう

男性と犬

犬の販売サービス

柴犬の販売を行うホームページは、運営者が基準を設けて提携するブリーダーを選別しています。健康な仔犬を購入する目的で利用されているのが、信頼性の高いホームページです。ゆっくり検討しながら、決断したい方にも好評です。

早めに動物病院へ

猫

BreederONE

トイプードルはブリーダーが一生懸命育ててくれている所から購入してみませんか。30日間医療費が無料になるキャンペーンも行なわれています。

ノミやダニには注意を

猫の皮膚病を早期に発見するためには、飼い主さんが日頃から猫の行動や皮膚の観察をしてあげることが大切です。猫が皮膚病にかからないために気を付けることは、皮膚病の原因となるノミやダニなどの寄生虫を体に寄せ付けないように注意することです。ノミによって引き起こされる皮膚病は多いので、猫がノミに寄生されないような環境を整えるように心がけましょう。猫に寄生するノミは、人間も被害を受けてしまうのでノミを見つけたら直ちに駆除するようにして下さい。猫の皮膚病の原因は、ノミやダニだけではありません。ストレス性のものやハウスダストによるアレルギー、細菌やカビ、ホルモンの異常が原因の場合もあります。他にも様々な原因があり、中には原因が特定できない皮膚病もあります。

行動や症状の特徴

猫が皮膚病を発症したらどのような行動や症状が現れるのか、知っておくことで早期に対応可能となります。まず皮膚病にかかると猫は、痒がったり体を異様に舐めたりします。いつもと痒がり方や舐め方が違うなと感じたら注意が必要なので、行動を常日頃から見てあげましょう。症状としては、皮膚に赤みがある、脱毛している箇所がある、抜け毛の季節ではないのに毛が抜ける、毛の一部分が薄くなっているなどがあります。ですので、ブラッシングやスキンシップをする時に、皮膚の状態や毛並みをよくみてあげて下さい。いずれにせよ、皮膚病が疑われる症状を発見したら、早めに動物病院へ連れて行き適切な治療を受けさせましょう。そうすることで、速やかな治療を受けることができます。

女性

良好な関係を築くために

犬の無駄吠えや噛み癖に悩んでいるのなら、犬のしつけ教室でプロのトレーナーに指導してもらうのが一番です。飼い主と飼い犬の間に信頼関係を築くことが重要になるので、教室を利用する際には飼い主も一緒になって指導を受けましょう。

ドッグ

ジャックラッセルの運動量

ジャックラッセルテリアは、ワンパクな愛嬌から日本で人気のあるテリア種です。しつけは適切に行えば難しくはなく、被毛の手入れも比較的に簡単な方ですが、問題となるのは運動量です。大型犬並みの運動量は散歩だけでは消費できないこともあるため、毎日又は定期的にドッグランで遊んだり走り回らせると良いです。